台湾 高雄 13階建てビルで火災 少なくとも46人死亡 41人けが

14日朝早く、台湾南部の高雄にある13階建てのビルで火災があり、地元の当局によりますと、住民など少なくとも46人の死亡が確認されたということです。

14日朝早く、台湾南部の高雄にある13階建てのビルで火災があり、地元の消防当局によりますと、このビルに住んでいた人などが病院に運ばれ、これまでに少なくとも46人の死亡が確認されたほか、41人がけがをしたということです。

現地の報道によりますと、火災のあったビルは築40年ほどの店舗と居住エリアが一体になった建物で、下の階にある店舗部分はほとんど使われていないとみられるということです。

現地からの映像では、複数の消防車が出動して放水を行っているほか、クレーン車を使って上の階に取り残された住民がいないか捜索を行っている様子も確認できます。

火はすでに消し止められたということですが、消防当局は、死者の数はさらに増えるおそれもあるとしていて、取り残された人がいないか捜索を続けるとともに出火の原因を調べています。

日本の台湾との窓口機関「日本台湾交流協会」によりますと、これまでのところ、日本人がこの火災に巻き込まれたという情報は入っていないということです。