【鉄道の日】ジオラマや運転体験で鉄道の魅力を再発見! 函館

北海道函館市で、市内や近郊を走る鉄道について深く知ってもらい、魅力を再発見してもらおうという企画展が開かれています。

この企画展は、子どもたちなどに鉄道について学んでもらおうと「はこだてみらい館」と鉄道会社などが協力して開いています。

このうち、函館市電の運転を体験できるシミュレーターは、実際の車両の運転台が使われていて、アクセルやブレーキを操作することができます。
また、鉄道のジオラマ展示では市電やJR、それに「道南いさりび鉄道」などの車両の模型が走っていて、一日に2回、模型に取り付けられたカメラからの映像を見ることができます。

「はこだてみらい館」の依田竣介さんは「今回の企画展で、鉄道に興味を持っていただいて、鉄道を使う機会が増えたらうれしいです」と話していました。

この企画展は今月27日まで開かれています。