岸田首相 尾身会長と会談 病院のコロナ対応貢献 可視化の方針

新型コロナウイルス対策の全体像の骨格をめぐって、岸田総理大臣は政府の分科会の尾身会長と意見を交わし、病院のコロナ対応への貢献を可視化する方針を示しました。

岸田総理大臣は就任後初めて政府の分科会の尾身会長と面会し、今週中に関係閣僚に指示するとしている、病床や医療人材の確保など、新型コロナウイルス対策の全体像の骨格をめぐって意見を交わしました。

この中で尾身会長は、ワクチンによる予防や「抗体カクテル療法」による早期の治療などの仕組みが進みつつあるとしたうえで、医療提供体制の強化や、体調の悪い人が気軽に検査を受けられる仕組み作りなどが重要だと指摘しました。

尾身会長によりますと、岸田総理大臣は、病院のコロナ対応への貢献を可視化する方針などを示したということです。

面会後、尾身会長は記者団に対し「今まで以上にしっかりした医療供給の体制が必要で、リーダーシップを発揮していただきたい」と述べました。