西武 ドラフト1位指名の隅田 “日の丸背負えるピッチャーに”

プロ野球のドラフト会議で西武から1位で指名された、西日本工業大学の隅田知一郎投手が14日、球団から指名のあいさつを受け「日の丸を背負ってマウンドに立てるピッチャーになりたい」と意気込みを語りました。

14日は、西武の渡辺久信ゼネラルマネージャーが福岡県苅田町にある西日本工業大学のキャンパスを訪れ、隅田投手に指名のあいさつをしました。

隅田投手は最速150キロのストレートと多彩な変化球が持ち味の左ピッチャーで、ドラフト会議では4球団から1位で指名され、抽せんの結果、1位指名を事前に公表していた西武が交渉権を獲得しました。

記者会見した隅田投手は「先発ローテーションに入って1年間投げ抜くことを目標にして、10勝したい。いずれは日の丸を背負ってマウンドに立てるピッチャーになりたい」と意気込みを語りました。

渡辺ゼネラルマネージャーは「チームに左投手が不足しているので、高い確率で先発ローテションに入ってくれると思う。日本を代表する投手になれる素材だと思っている」と述べ、1年目からの活躍を期待していました。