ノルウェー 男が弓矢で通行人襲う 5人死亡2人けが 警察が拘束

北欧のノルウェーで、男が通行人などを次々と弓矢で襲い、男女5人が死亡しました。拘束された男はイスラム教に改宗したデンマーク人で、過激化の兆候があったということで、警察が動機などを詳しく調べています。

ノルウェーの警察などによりますと、首都オスロの南西にあるコングスベルグで13日夜、男が弓矢を使って通行人などを襲い、これまでに男女5人が死亡、2人がけがをしました。

男は単独で行動したとみられ、市内を歩き回りながら、弓矢で次々と人を襲ったということです。

警察が男を拘束して調べたところ、37歳のデンマーク人で、イスラム教に改宗していたほか、過激化の兆候があったため、警察が過去に接触していたことが分かりました。

こうした兆候が具体的に何を示すのかは明らかになっていませんが、警察は地元メディアの取材に対し「攻撃がテロかどうか分からず、調べる必要がある」として、動機などを詳しく調べています。

ノルウェーでは通常、警察官は武装していませんが、今回の事件を受け、当局は全国の警察官に対し銃などの携行を命じたということです。

地元メディアなどは、10年前の2011年にオスロとその郊外で男が銃を乱射するなどして70人以上が殺害されて以来、最悪の事件だと伝えています。