プーチン大統領「天然ガス供給増やしている」欧州の懸念に反論

ヨーロッパで天然ガスの価格が高騰している要因のひとつに主要な輸出国のロシアが供給を滞らせるのではないかという懸念があることについて、プーチン大統領は「ヨーロッパへの供給は増やしている」と反論しました。

ヨーロッパでは天然ガスの価格が高騰して市民生活への影響が広がっています。

背景には新型コロナの影響で停滞していた経済活動の再開に伴う需要の高まりに加え、主要な輸出国のロシアが供給を滞らせるのではないかという懸念が出ていることがあります。

これについてロシアのプーチン大統領は13日、モスクワで開かれたエネルギー関連の国際会議で「困難な状況の中でもヨーロッパへの供給を増やしている」と反論しました。

そのうえで「ロシアがエネルギーを武器にしているという批判は無意味で、政治的な動機に基づくものだ」と述べ、不快感を示しました。

ロシアの天然ガスをめぐっては、ドイツとの間を結ぶ新たなパイプライン「ノルドストリーム2」の建設が先月完了したものの、ヨーロッパ側で承認が遅れ、稼働には至っていません。

こうした中、ロシアが天然ガスの供給を調節することでヨーロッパに揺さぶりをかけ、承認を急がせようとしているのではないかという見方も出ていて、プーチン大統領はこれに反論した形です。