“内閣の総合力発揮 拉致被害者全員の帰国に全力” 官房長官

松野官房長官が自民党の拉致問題対策本部の会合に出席し、拉致問題は岸田内閣の最重要課題だとして、内閣の総合力を発揮し、党とも連携しながら被害者全員の帰国に全力を尽くす考えを強調しました。

拉致問題担当大臣を兼務する松野官房長官は13日、自民党本部で開かれた党の拉致問題対策本部の会合に出席しました。

この中で、松野官房長官は「拉致問題は岸田内閣の最重要課題だ。内閣の総合力を発揮して取り組みたい。党とも緊密に連携しながら、被害者全員の帰国を実現すべく全身全霊で力を注いでいく」と述べました。

そのうえで、教育現場の協力も得ながら拉致問題に触れる機会の少ない若い世代を啓発するとともに、拉致被害者の家族や活動を支援する人たちから直接話を聴き、取り組みを進めていく意向を示しました。

一方、会合では、立憲民主党の生方幸夫衆議院議員が拉致被害者について「もう生きている人はいない」などと発言したことをめぐり批判が相次ぎ、対策本部の本部長を務める山谷 元拉致問題担当大臣は「謝罪して済む話ではない。大問題で許すことはできない」と述べました。

このあと山谷氏は、自民党として、拉致被害者の一刻も早い帰国の実現に取り組むとする声明を発表しました。