「鬼死骸村」訪ねるツアー 村が実在した岩手県一関市で開催

かつて「鬼死骸村(おにしがいむら)」と呼ばれる村が実在した岩手県一関市の地区で、ゆかりのある伝説の地を訪ねるツアーが行われました。

「鬼死骸村」は、およそ150年前の明治8年まで今の岩手県一関市に実在し、合併により、なくなりました。

村があった場所は、現在は真柴地区と呼ばれ、地元の「真柴市民センター」では、インパクトのある名前を逆手にとって、関連グッズを販売するなどして地域の活性化を図っています。

12日は地元に伝わる伝説の地を巡るツアーが企画され、市内に住む17人が参加しました。

一行はまず、地区にある「鹿島神社」を訪れ、その歴史について説明を受けました。

この神社は、平安時代、えみしを討伐に来た坂上田村麻呂が創建したということです。
そして、打ち首になったえみしの首領「大武丸」を埋葬して大きな石を置いたところ、やがて「鬼石」と呼ばれるようになり、「鬼死骸村」の名前の由来となったということです。

参加した人たちは、「鬼が関わっていると思いましたが、まつられたのは実は人間だったのですね」とか、「それぞれの地域にいろんな歴史があることを知ることができました」などと話していました。

真柴市民センターの小野寺徹所長は、「『鬼死骸村』は漢字で見ると迫力があります。これからも地域の皆さんと一緒に名前を広めていく工夫をしていきたい」と話していました。