大リーグ ブレーブス 2年連続でリーグ優勝決定シリーズ進出

大リーグのプレーオフは12日、ナショナルリーグ地区シリーズ第4戦の2試合が行われ、ブレーブスがブルワーズに勝って3勝1敗とし、2年連続でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めました。

ブレーブスの2勝1敗で迎えたブルワーズとの第4戦は、ブレーブスの本拠地、アトランタで行われました。

試合は、中盤に両チームが4点ずつ取り合って迎えた8回、ブレーブスがフリーマン選手の決勝ソロホームランで5対4と競り勝ち、第1戦を落としたあとの3連勝で3勝1敗として2年連続リーグ優勝決定シリーズ進出を決めました。

ジャイアンツとドジャースは五分に

もう1試合、地区シリーズ突破まであと1勝のジャイアンツとドジャースの第4戦は、ドジャーズの本拠地、ロサンゼルスで行われました。

あとがないドジャースは2点リードの4回、1番・ベッツ選手のツーランホームランを打ってリードを広げ、5回は再びベッツ選手の犠牲フライで突き放しました。

先発のビューラー投手は5回途中まで1失点、その後は5人の投手リレーで反撃を抑えてドジャースが7対2で勝ち対戦成績を2勝2敗の五分としました。

勝ったほうがリーグ優勝決定シリーズに進む第5戦は、14日にジャイアンツの本拠地、サンフランシスコで行われます。