ニホンライチョウ 4羽の自然繁殖に成功 動物園で全国最多 富山

富山市の動物園「富山市ファミリーパーク」で、ことし7月に生まれた国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」のヒナ4羽が無事、巣立ちの時期を迎えました。ファミリーパークによりますと、一度に4羽の自然繁殖に成功したのは、全国の動物園の中で最も多いということです。

富山市ファミリーパークは、国の特別天然記念物で絶滅のおそれがある「ニホンライチョウ」について、母鳥が卵を抱えて温める「抱卵」での自然繁殖に取り組んでいます。

ことし7月中旬にふ化したヒナ6羽のうち、オス2羽とメス2羽が、ふ化から3か月が経過して巣立ちの時期を迎え、ファミリーパークは「自然繁殖に成功した」と発表しました。

ファミリーパークとしては初めての自然繁殖の成功で、4羽は、いずれも体長がおよそ30センチと成鳥と同じ大きさになり、母鳥と離れて過ごす時間が多くなっているということです。

ファミリーパークによりますと、一度に4羽の自然繁殖に成功したのは、全国の動物園の中で最も多いということです。

繁殖に成功した要因としては、ことしは新たに腸内細菌を整える餌を食べさせたことや、飼育部屋に隠れる場所を増やしたこと、部屋全体を消毒したことをあげています。

飼育を担当する田中翔大さんは、「今後、ヒナの毛の色が変わる様子やオスとメスの違いが出てくる様子を見てもらえればおもしろいと思う。まだ成長途中なので、繁殖ができる大人になるまで飼育していきたい」と話していました。