女子ゴルフ国内ツアー 渋野日向子 おととし11月以来の優勝

女子ゴルフの国内ツアーの大会は静岡県で最終ラウンドが行われ、渋野日向子選手が4人によるプレーオフを制して、およそ2年ぶりの優勝を果たしました。

5位でスタートした渋野選手は、10日の最終ラウンドでスコアを4つ伸ばして通算10アンダーとし、高校生アマチュアの佐藤心結選手と、木村彩子選手、それに韓国のぺ・ソンウ選手に並びました。

4人で争われたプレーオフは、1ホール目で木村選手がバーディーを取れずに脱落し、2ホール目で渋野選手がただ1人バーディーを奪って優勝を決めました。

渋野選手は国内ツアー通算5勝目で、おととし11月以来となる優勝が決まると、涙を見せ「すごく緊張したけど、最後まで自分らしくプレーができた。自分自身に重圧をかけすぎないように、また来週から切り替えてやっていきたい」と話していました。

18歳の佐藤選手は首位に並んで最終ラウンドをスタートしましたが、史上8人目のアマチュア優勝はなりませんでした。

賞金ランキングトップの稲見萌寧選手は通算7アンダーで8位でした。