台湾TSMCとソニーグループ 熊本に半導体工場建設を視野に検討

半導体の受託生産で世界最大手の台湾のTSMCは、ソニーグループと半導体の新しい工場を熊本県内に建設することを視野に検討を進めていることが分かりました。
経済の安全保障の観点から、日本政府も一定規模の資金を補助する方向で調整を進めています。

関係者によりますと、台湾のTSMCは、ソニーグループと半導体の新しい工場を、熊本県菊陽町にあるソニーの工場に隣接する場所に建設することを視野に検討を進めていることが分かりました。

工場は、数千億円を投じる規模で産業用の機器向けや自動車などに使われる半導体を製造することを想定している模様です。

ほかの日本メーカーも新工場の設備に出資するなど何らかの形で関わることを検討しているということです。

世界的に不足が続いている半導体をめぐっては、デジタル化の進展に加え、重要技術を国内で確保する経済の安全保障の観点から重要性が増しています。

各国も巨額の支援を行っています。

こうしたなか日本政府も国内で安定して半導体を生産する拠点を持つことは日本の産業競争力の観点から重要だとして一定規模の資金を補助する方向で調整を進めています。
一方、TSMCは、世界的な半導体戦略のなかで工場建設を検討しており、複数の国と交渉しているものとみられ、なお、曲折も予想されます。