岸田首相 各府省庁の事務次官らに“不断に点検を”指示

岸田総理大臣は、総理大臣官邸で開かれた、各府省庁の事務次官らが出席する「次官連絡会議」で、行政に対する国民の目は非常に厳しいと指摘し、行政が真に国民の声に応えるものとなっているか、不断に点検を行うよう指示しました。

この中で、岸田総理大臣は「新型コロナウイルスとの闘いは続いており、この危機の中、行政に対する国民の目は非常に厳しいと強く認識しなければならない。信頼と共感を得られる政治を旨とし、全閣僚が国民と丁寧に対話して、真に国民のニーズに合った行政を進めていくよう取り組む覚悟だ」と述べました。

そのうえで「この覚悟を踏まえ、行政が真に国民の声に応えるものとなっているか、不断に点検を行ってほしい」と述べ、新型コロナへの対応や「新しい資本主義」の実現、そして国際社会を主導する外交安全保障に取り組むよう指示しました。

岸田総理大臣は「ワンチームとなって、新しい時代を作り上げていきたい。『談論風発』、このことばを胸に、積極的な政策議論を行い、山積する内外の課題に、果敢に、果断に取り組んでほしい」と述べました。