西銘復興相「被災者に寄り添って課題解決」岩手県知事と会談

西銘復興大臣は、就任後初めて岩手県を訪れ、達増知事と会談したあと記者団に対し、被災者に寄り添って、心のケアや、なりわいなどの課題の解決に当たりたいという考えを示しました。

西銘復興大臣は、6日、福島県を訪問したのに続いて、7日は、就任後初めて岩手県を訪れ、達増知事と会談しました。

この中で、西銘大臣は「岸田総理大臣からは『東北の再生なくして日本の再生なし』という力強いことばがあり、現場に出向いて被災者の声に耳を傾け、心を一つにして頑張るよう指示があった。足しげく通って全力で頑張りたい」と述べました。

これに対し、達増知事は「東日本大震災の発生から、ことしの3月で10年がたったが、現地には生活面やなりわいの課題がある。被災者に寄り添って、耳を傾け、誰1人取り残すことのない復興が成就するようお願いしたい」と述べました。

このあと、西銘大臣は、記者団に対し「さまざまな心のケアや産業、なりわいの課題があると感じている。被災者の心に寄り添って、しっかりと対応していきたい。現場の人と一緒に課題を解決していくのが基本だ」と述べました。