日大理事と医療法人前理事長を背任容疑で逮捕 東京地検特捜部

日本大学の理事が、付属病院の建て替え工事の設計業務の契約をめぐり、大阪の大手医療法人側に2億円余りを流出させ、大学に損害を与えたとして、東京地検特捜部は理事と医療法人の前理事長を背任の疑いで逮捕しました。

関係者によりますと、理事はこれまでの任意の事情聴取に対し、容疑を全面的に否定しているということです。

逮捕されたのは、日本大学の理事の井ノ口忠男容疑者(64)と、大阪市に本部がある大手医療法人「錦秀会」の前理事長、籔本雅巳容疑者(61)の2人です。
東京地検特捜部などによりますと、井ノ口理事は、東京にある日本大学医学部附属板橋病院の建て替え工事の設計業務などを、24億円余りで受注した設計事務所に指示して、去年、籔本前理事長が保有する会社に2億2000万円を送金させ大学に損害を与えたとして、籔本前理事長とともに背任の疑いが持たれています。

関係者によりますと、井ノ口理事は日本大学の子会社「日本大学事業部」の取締役として、工事に関する契約の窓口を務め、2億2000万円は当初、事業部に支払われる方向で調整が進められていました。

しかし、井ノ口理事は実態のないコンサルタント料の名目で、送金先を籔本前理事長が保有する会社に変更するよう、設計事務所に指示していた疑いがあるということです。

一方「錦秀会」は、大阪を中心に7つの病院などを運営する西日本最大規模の医療法人で、籔本前理事長は日大相撲部の出身力士の後援活動などを通じて、井ノ口理事と交流があったということです。

特捜部は先月、医療法人のグループ会社も関係先として捜索し、強制捜査に乗り出していましたが、その元経営者と国内最大規模の大学の幹部が逮捕される事件に発展しました。
井ノ口理事には医療法人側から知人の会社を通じて、最終的に現金2500万円が渡っていた疑いがあることが分かっていて、特捜部は大学の事業をめぐる不透明な資金の流れの解明を進めるものとみられます。

関係者によりますと逮捕前の任意の事情聴取に対し、井ノ口理事は容疑を全面的に否定したうえで「知人の会社への送金は知らない。現金2500万円はもらっていない」などと説明していたということです。

日本大学「捜査に引き続き全面的に協力」

大学の理事が逮捕されたことについて日本大学は「学生、生徒等、保護者、卒業生、教職員の皆様には大変御心配、御迷惑をおかけしていることを深くお詫びいたします。現在進められている東京地方検察庁の捜査に引き続き全面的に協力してまいります」などとコメントしています。

井ノ口理事 事業部で中心的役割 悪質タックル問題で辞任も復帰

逮捕された井ノ口理事は日本大学出身で、大阪でゴルフなどのイベントの運営やスポーツ用品の販売を行う会社を経営しながら、平成23年に日本大学事業部に入りました。

関係者によりますと、井ノ口理事は日本大学の田中英壽理事長と親しく、事業部に入った直後から「理事長付相談役兼事業企画部長」として中心的な役割を担ったということで、現在は事業部の取締役を務めています。

当初、事業部の業務は、学内の損害保険の代理業務や自動販売機の管理などに限られていましたが、井ノ口理事を中心に事業を拡大し、大学の物品の調達や取引先との契約の交渉などに広く関与するようになったということです。

そして板橋病院の建て替え工事では、設計会社の選定などの窓口となりました。

日本大学は今年度からの5年間の中期計画で、工事のアドバイザリー業務などで事業部をさらに活用し、事業部の権限を拡大する方針を示していました。

井ノ口理事は、日本大学の理事に就任後、3年前のアメリカンフットボール部の悪質タックル問題の事後対応の責任をとる形で辞任しましたが、去年、理事の職に復帰しています。

「錦秀会」籔本前理事長とは

民間の信用調査会社によりますと逮捕された籔本前理事長は、大阪市住吉区を中心に7つの病院や介護施設などを運営する西日本最大規模の医療法人「錦秀会」の創業者の長男で、平成7年に理事長に就任しました。

「錦秀会」のホームページによりますと、系列の医療法人や社会福祉法人などを含めると、グループ全体でベッド数は6000床を超えています。

先月、東京地検特捜部の捜索を受けたあと、錦秀会の理事長の職を退いていました。

籔本前理事長を知る関係者の1人はNHKの取材に対し、「経営者としては優秀で、グループのことは理事長しか動かせない。頼まれたら嫌とは言えないタイプで面倒見がよく、政治家や著名人との交友関係も広い」と証言しています。

籔本前理事長は日本大学相撲部出身力士の後援活動などを通じて、井ノ口理事とは交流があり、アマチュア相撲を統括する日本相撲連盟の副会長を務めています。

角理事「当法人は今回の事件には無関係」

籔本前理事長の後任として医療法人「錦秀会」の理事長に就任する予定の角源三理事は「当局の捜査に全面的に協力してまいりましたが、このような事態となり大変遺憾に思います。現時点で今回の事件のすべてが明らかになっているわけではありませんが、当法人は今回の事件には無関係であると考えております」とコメントしています。

前理事長を知る関係者「経営手腕に優れた人物」

逮捕された籔本前理事長を知る関係者は、NHKの取材に対し「人当たりがよく、時代のすう勢に乗り、合併・吸収などで病院を非常に大きくした経営手腕に優れた人物だ。錦秀会という組織は籔本氏の意向無しには動けない」と証言しました。

そのうえで「政治家や著名人とのつながりが深く、医療とは遠いわれわれには分からない世界で動いていることが多かった。表に出てはいけないこともあったのではないかと思う」と話していました。

日本大学 国内最大規模の学校法人

学校法人の日本大学は首都圏や東北を中心に、16の学部がある大学や付属高校、小中学校、幼稚園、専門学校などを運営し、学生や生徒などの数が9万5000人を超える国内最大規模の学校法人です。

日本大学は付属病院などの医療施設も運営し、事業活動による収入額は長年、国内の学校法人でトップとなってきました。

昨年度の収入は2044億円で、収入の内訳は
▼授業料などの「学生生徒等納付金が」1115億円、
▼「医療収入」が472億円、
▼国や自治体などからの補助金が212億円などとなっています。

投入される公的な資金の額は私立では国内トップクラスです。

日本大学は事業計画の中で、板橋病院の建て替えについて、かつてない巨大なプロジェクトとしたうえで、おととしの創立130周年に合わせて新学部の設置などを進めた記念事業の集大成と位置づけています。

関係者「パワハラや左遷、人事的報復 誰も何も言えなくなった」

日本大学事業部の運営に詳しい大学関係者は、事業部の中では、問題があっても幹部に指摘できない閉鎖的な体質があったと証言しています。

この関係者によりますと、日本大学は、外部との取り引きに事業部を関与させるルールを決めて担当者の会議で徹底するなどしていたということで、事業部の業務は11年前の設立から年々、拡大を続けたということです。

しかし、事業部が関わると、取引先に支払う金額が高くなるなどの問題が指摘されていたということです。

こうした状況について、この関係者は、「事業部の内部で苦情を言ったりものを言ったりする人には、パワハラや左遷、人事的な報復があった。そうしたことを目の当たりにして誰も何も言えなくなった。見ないふりをして今まで来てしまった」と話し、事業部が閉鎖的な体質だったと説明しました。

事業部の業務は、学費や補助金などで成り立つ日本大学の支出に影響するため、この関係者は、「学生や国からお金をもらって大学を経営しているので、原点に立ち返る1つの契機になってほしい。学生や生徒、OBに胸を張れるような母校にしてほしい」と胸の内を語りました。

専門家「業者には重要な顧客 癒着の関係作られやすい」

日本大学の完全子会社が関与した契約をめぐる今回の事件について、大学の経営などに詳しい筑波大学の金子元久特命教授は「物を購入するときには大口のほうが安くなるため、同じような子会社を作る大学は多く、日本大学の経営判断は問題ない。ただ、日本大学は収入が2000億円を超える非常に大きな企業体だ。業者にしてみれば注文の金額が大きい重要な顧客で、癒着の関係は作られやすい」と話しています。

そのうえで金子特命教授は、「日本大学は政府からの補助金を受けているため国民に対して説明しなければいけないし、それ以上に学生や保護者に対しての説明責任を負っている。大学、子会社の監査役が十分に役割を果たすことが必要で、経営上の透明性を高め、情報公開を徹底しなければならない」と指摘しています。

松野官房長官「学校法人の理事 逮捕は極めて遺憾」

松野官房長官は、午後の記者会見で「学校法人は、公的助成や税制上の優遇措置がとられているなど、公共性が極めて高く、その学校法人の理事が逮捕されたことは極めて遺憾だ。今後、文部科学省において学校法人から事実関係を確認し適切に対応していくことになると承知している」と述べました。