立民 枝野代表 ”14日の衆議院解散前に予算委員会を”

立憲民主党の枝野代表は、与党側が予算委員会の開催に応じていないことについて、訪問先の大阪府堺市で記者団に対し「『自民党は変わらない、変われない』ということを象徴している。会期末の来週14日に衆議院を解散するなら、最後に本会議を5分やればすむ。その前の昼間に予算委員会ができない理由にはなっていない」と述べました。

また、かつて検察の捜査対象となった自民党の甘利幹事長の政治とカネの問題について「国会でいずれ説明すると、ご本人が言ってきた。国会で説明しないなら、ちゃんと整合性がとれる理由を説明してもらいたい」と述べました。