社民 福島党首「十分な論戦せず選挙は国会軽視 政権交代を」

衆議院選挙をめぐり社民党の福島党首は記者会見で、岸田政権が十分な国会論戦を行わずに選挙日程を示したのは国会軽視だと批判し、抜本的に政治を改める必要があるとして、野党連携を通じて政権交代を目指す考えを強調しました。

この中で社民党の福島党首は、岸田総理大臣が今月31日に衆議院選挙の投開票を行う意向を表明したことについて、「予算委員会などでの質疑をさせず、十分な論戦をせずに選挙をやるということで、国会軽視であり、極めて傲慢な対応だ」と批判しました。

そのうえで、社民党も選挙区での野党候補の一本化に協力してきたことに触れたうえで、「異なる党なので、ぶつかるところはぶつかって仕方がない面もあるが、やはり与野党一騎打ちになる形をつくって頑張り、政権交代を果たしていく」と述べ、抜本的に政治を改める必要があるとして、野党連携を通じて政権交代を目指す考えを強調しました。