入管施設で死亡のスリランカ人女性の遺族「すべて映像開示を」

名古屋市にある入管施設に収容されていたスリランカ人の女性が死亡した問題で、遺族と代理人の弁護士が記者会見を開き、10月、施設内での女性の新たな映像を見ることができたとしたうえで、「真相解明のためにすべての映像の開示が必要だ」などと訴えました。

ことし3月、名古屋出入国在留管理局に収容されていたスリランカ人の女性、ウィシュマ・サンダマリさん(33)が亡くなったことについて、出入国在留管理庁は適切な治療を行う体制が不十分だったなどとする最終報告を8月に公表しました。

その後、施設内で過ごすウィシュマさんの様子を映した映像の一部が来日していた遺族だけに開示されましたが、遺族は弁護士の立ち会いのもとで、すべての映像を開示するよう求めています。

遺族らは5日、東京で記者会見を開き、国に損害賠償を求める訴えを起こす考えを示したうえで、これに向けて名古屋地方裁判所に行った証拠保全の申し立てが認められ、10月1日、初めて弁護士の立ち会いのもと、裁判所で映像の一部を見ることができたと明かしました。

映像は、ことし2月下旬の2日間と、亡くなる3月6日までの5日間のうちの一部で、入管側が開示していない部分も含まれていたということです。

このうち3月3日の映像には、ごはんを食べさせようとして吐いてしまったウィシュマさんに対し、職員がうがいをさせないまま再びスプーンを口にはこび食べさせようとする様子などが映っていたということです。

妹のポールニマさんは、「映像を見て、最終報告書には書かれていないことがたくさんあると確信しました。すべての映像の開示を求めます」と話しました。

代理人の駒井知会弁護士は、「このようなやり方で食べさせようとするのは極めて残酷で、最終報告からは全く読み取れず、すべての映像の開示が必要だ」と述べました。