松野官房長官「所信表明演説は重点政策を踏まえ検討」

松野官房長官は閣議のあとの記者会見で、今週8日に行われる岸田総理大臣の所信表明演説について「岸田総理大臣は、きのうの記者会見で、新型コロナの対応や、成長と分配の好循環とコロナ後の新しい社会の開拓、外交・安全保障を重点政策として挙げており、こうした点も踏まえて、所信表明演説に向けた検討が進められている」と述べました。

公邸への入居「岸田首相が諸般の状況を勘案しつつ判断」

一方、記者団が、岸田総理大臣が総理大臣公邸に入居するかどうか質問したのに対し「岸田総理大臣が諸般の状況を勘案しつつ判断されると承知している。政府としては、緊急事態に対し、政府一体となった初動対処体制を構築するなど、危機管理に遺漏がないよう万全を期している。重要なことは、さまざまな緊急事態に的確・適切に対応することであり、そのための備えをふだんから徹底していきたい」と述べました。