岸田首相 米バイデン大統領と就任後初めて電話会談

就任から一夜明けた岸田総理大臣は、5日朝、アメリカのバイデン大統領と就任後初めて電話会談を行い「日米同盟が日本外交・安全保障の基軸であることに変わりはない」と述べ、両首脳は、対面での会談の早期実現に向けて、調整していくことで一致しました。

電話会談は、5日午前8時すぎから、およそ20分間行われました。

この中で、岸田総理大臣が「自分の内閣のもとでも、日米同盟が日本外交・安全保障の基軸であることに変わりはない」と述べたのに対し、バイデン大統領からは、就任と政権発足への祝意が示されました。

そのうえで、両首脳は、日米同盟をいっそう強化し「自由で開かれたインド太平洋」の実現を通じて地域と国際社会の平和と安定に取り組んでいくことで一致しました。

また、厳しさを増す地域の安全保障環境に対応するため、日米同盟の抑止力と対処力をいっそう強化していくことを確認し、バイデン大統領からは日米安全保障条約第5条の沖縄県の尖閣諸島への適用を含む対日防衛コミットメントについて力強い発言があったということです。

さらに、両首脳は、中国や北朝鮮をはじめとする地域情勢などの課題について、日米で緊密に連携していくことで一致し、岸田総理大臣が、北朝鮮による拉致問題の即時解決に向けて、理解と協力を求めたのに対し、バイデン大統領は支持する考えを示しました。

このほか、新型コロナウイルスや気候変動、「核兵器のない世界」に向けた取り組みなど、地球規模の課題への対応でも緊密な連携を確認し、対面での首脳会談の早期実現に向けて、調整していくことで一致しました。

会談のあと岸田総理大臣は記者団に対し「就任後初の外国首脳との電話会談をバイデン大統領と行うことができた。日米同盟をさらなる高みに引き上げるためにも、重要な一歩になったと感じている」と述べました。

米 ホワイトハウス「日米同盟は強固、平和の礎であること確認」

日米首脳による電話会談について、アメリカ・ホワイトハウスが発表した声明によりますと、バイデン大統領は岸田総理大臣に対して祝意を伝えました。

そのうえで「両首脳は日米同盟が強固であり、インド太平洋地域や世界の平和や安全、安定の礎であることを確認した」としています。

そして「バイデン大統領は、クアッドを含め自由で開かれたインド太平洋地域という共通の構想の推進に向けて両国が重要な役割を担うなかでこの先の関係強化に期待していると述べた」として、中国を念頭に、日米とオーストラリア、インドでつくるクアッドを含めた連携をいっそう強化する考えを岸田総理大臣に伝えたということです。

岸防衛相「非常に意義ある 抑止力や対処力一層強化へ」

岸防衛大臣は、記者会見で「インド太平洋地域の厳しい安全保障環境の中で、日米同盟の抑止力を引き続き強化する意思を表明したものであって、非常に意義あるものだと考えている。バイデン政権とも緊密に連携し、日米同盟の抑止力や対処力を一層強化していく」と述べました。