【全文】大谷翔平 今季を総括「やりがいある楽しい1年だった」

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が今シーズンを総括し「やりがいのある楽しい1年だった」と投打の二刀流で駆け抜けた歴史的なシーズンを振り返りました。

“まだまだ上に行ける”

大谷選手は今シーズン、バッターとしては大リーグ史上6人目の「ホームラン45本、25盗塁」を達成し、ピッチャーとしても9勝をあげ、三振156個を奪うなど投打の二刀流で歴史的なシーズンを送りました。

大谷選手はシーズン最終戦となった3日のマリナーズ戦の前に会見し「より多くの試合に出ることができ、選手としてはやりがいのあるすごく楽しい1年だった」と充実感をにじませました。

シーズン中、疲労がたまった時期について問われると「ことしは大きい離脱をしないようにリカバリーを主にやってきたので、特に疲労を感じた時期はなく、ずっと同じリズムで来ることができた。けがなく過ごせたことはよかったが、もっと早くこういう形を作らなければいけなかった」とけがに苦しんだ昨シーズンまでの3年間を踏まえて答えました。

今シーズンはグラウンドで率先してゴミを拾う姿なども話題となりましたが、大谷選手は「ベンチの階段で転ぶ選手もいるし、そういう小さい、つまらないけがというのは自分もしたくないし周りの人にもしてほしくないと思っている」と話していました。

シーズン終了後はアメリカで数週間過ごしてから日本に帰国するということで「オフのトレーニングはもっとハードにしたい。まだまだ上に行けると思っているし、来年はことし以上のパフォーマンスが出せるようなシーズンにしたい。自分が安定した成績を出せば、いろいろな起用法が広がっていくと思っている」とさらなるレベルアップを誓っていました。

【総括会見の全文】

(質問)歴史的なシーズンを自身ではどう思っているかー
(大谷)「出続けていたので振り返る時間はなかったです。毎試合毎試合、ベストな状態で試合に出たいと思っていました」

(質問)期待どおりの二刀流の活躍ができたと思うかー
(大谷)「期待どおりだったかどうかはファンの人や監督、コーチが決めることだと思います。1年間大きいケガなく出続けられてよかったですし、逆に言えばもっと早い段階でこういう形をつくらなければいけなかったので。ケガもありましたし、そういう意味ではことし1年ケガなくできてよかったと思います」

(質問)シーズン中に疲れを感じた時期はあったかー
(大谷)「そういう風に感じる時期はあんまりなかったと思います。ずっと同じ感じで出ていたので、リズムが同じでずっと来られたと思う」

(質問)なぜ4年目でこれほどの活躍ができたと感じているかー
(大谷)「なんでですかね、もちろん手術をして、リハビリをいろんな人に助けてもらったというのがすごく大きなことでした。環境が変化する中で1年目からケガをするというのは左右できないことではありますけど、ことしは特に大きい離脱をしないように、リカバリーをメインにシーズンを通してやってきたかなと思います」

(質問)オフは新たなトレーニングを試みるのか、去年と同じかー
(大谷)「基本的な流れは一緒だと思いますけど、トレーニング自体はもっとハードなものにしていきたいですし、まだまだ上にいけると思っているので。ことし以上のパフォーマンスを出せるようなオフシーズンにしたいと思っています」

(質問)なぜシーズン最終戦の登板を回避したのかー
(大谷)「いろんな人と話して。もちろんプレーオフがかかっていたりとか、その先のシーズンがある中で投げないといけない試合はたくさんあると思うんですが、その中で監督やフロントの人、いろんな人と話してそれがベストじゃないかという判断でした」

(質問)オフの予定はー
(大谷)「数週間くらいこっちでやることをやって(日本に)帰ります」

“まずは来年勝てるように”

(質問)来年の起用法については、もっと投げたいとか、守備につきたいという希望はあるかー
(大谷)「基本的には任せているので、どうなるか今の段階ではまだ分からないですし。(登板の)間隔を短くしたりとか長くしたりとか、基本的には任せているので。自分が安定した成績を出せれば、いろんな起用法が広がっていくんじゃないかとは思います」

(質問)エンジェルスが契約延長の話を持ってきたら、交渉にはオープンな気持ちで臨むのかー
(大谷)「そうですね、もちろんこの4年間いちばん近くで支えてもらった球団なので、オープンな気持ちでもちろん話すと思いますし。契約の話があるないにかかわらず、まずは来年勝てるように、個人としてもう1回しっかりオフシーズンを過ごしたいと思っています」

(質問)来年に向けてさらに改善できるポイントはあるかー
(大谷)「そうですね、特にピッチングの方はことし1年、ちょっと探り探りの部分が多かったので。特に前半戦の復帰して何試合かは探っている部分のほうが強かったので。もっと自信を持って投げられるように、1年間通してパフォーマンスができるようにやっていけば、よりよいシーズンになると思います」

(質問)エンジェルスの補強によって契約延長の可能性は高まるか。
(大谷)「基本的には今いるメンバーがまずはけがをせず、自分も含めてしっかり1年間やるのが大前提です。そのためのオフシーズンを過ごしたいと思っているので。その中で、いろんな補強もあると思うんですけど、楽しみにというか、来年1年どういう選手とまたできるのかというのも楽しみにしています」

(質問)1年間、ケガがなかった理由はー
(大谷)「もちろん慣れの部分もあると思いますし、3年やってきて、どういうふうに1年間やればいいのか知れたというのはすごく大きかったと思います」

“最後までいいパフォーマンスして終わる”

(質問)ことしのように毎日試合に出続けるシーズンを何年も続けられる自信はあるかー
(大谷)「やったことがないので確信めいたものはもちろんない。それはみんな同じだと思うので。野手もピッチャーも、どのくらい続けられるかは予想でしかないですけど。1年1年長くできるようにみんな必死にトレーニングしたりケアしたり、それは他の選手と変わらないと思います」

(質問)ホームラン王争いの経験で得たものや課題はー
(大谷)「単純に貴重な経験をさせてもらっているなという印象かなと思います。いろんな選手に刺激をもらって、1年間いいシーズンをすごせたのは選手としていい経験になったと思います」

(質問)シーズンMVPへの率直な思いは。
(大谷)「率直に感じているのは、きょう最後までいいパフォーマンスして終わるということなので。そうすれば、おのずと見えてくるものはあると思います」

(質問)1年間やる中で、精神的につらかったことはあったかー
(大谷)「後半戦はやっぱり、なかなかチームとしても上がってこなかったですし、先の見えない試合が多かったので、そういう意味では後半戦はなかなかきつかったかなと思います」

(質問)去年はシーズン終盤で体重が落ちたが、今シーズンは体重の増減はなくできたかー
(大谷)「1年間だいたい同じような感じで。多少トレーニングの頻度は下がってしまいますが、それなりに維持できたかなと思います」

(質問)10勝を目前に、登板回避を決めた際は何をいちばんに考えたかー
(大谷)「何がいちばん、投げる投げないのどっちがいちばん自分にとって、チームにとっていいのかなとトータルで考えて。みんな『投げない方がいいという選択の方がいいんじゃないか』という結果になったという感じかなと思います」

“すごい楽しい1年だった”

(質問)今シーズンの満足感はー
(大谷)「より多く試合に出られたのは単純に楽しかったです。それだけ試合に貢献できる頻度が高いということは選手としてもやりがいのあることだと思うので。すごい楽しい1年だったかなと思います」

(質問)最終戦に臨む心境は。
(大谷)「変わらず1打席1打席、自分の打席を最後までしたいと思っています」

(質問)ピッチングで、7失点を喫した6月のヤンキース戦がターニングポイントになったと話した理由はー
(大谷)「やっぱり打たれないと、変えようと思わなかったりとか、感覚が悪くても抑えてしまっている状態だと変えづらかったりするので。そういう意味では、変えるいいきっかけになったりとか。こないだのアストロズ戦もそうでしたけど、そういうきっかけになった試合だと思います」

(質問)登板日前後の休養日がなかった影響はー
(大谷)「そんなになかったですかね。負担になってるなという実感はもちろんないですし、試合に出続ける中でほかのトレーニングや練習の内容で調整してという感じだったので。1年間通して、投げた翌日だから、前日だからというのはなかったと思います」

(質問)グラウンドでのゴミ拾いなど話題になったことはどう感じていたかー
(大谷)「特にはないですね。ベンチの中はけっこう危なかったりするので。階段で転んだりする人もいますし。そういう小さい、つまらないけがというか。そういうのは自分もそうですけど、周りの人にもしてほしくないなと思っています」