自民 岸田総裁 復興相に西銘恒三郎氏 起用の意向固める

自民党の岸田総裁は、4日に発足させる新内閣の復興大臣に竹下派の西銘恒三郎氏を起用する意向を固めました。西銘氏は初めての入閣で、沖縄・北方担当大臣も兼務します。

西銘氏は、衆議院沖縄4区選出の当選5回で、67歳。

自民党竹下派に所属しています。

沖縄県議会議員を経て、平成15年の衆議院選挙で初当選し、総務副大臣や経済産業副大臣などを務めてきました。

今回の総裁選挙では、岸田総裁の推薦人となりました。

岸田総裁としては、沖縄政策などに明るいことに加え、竹下派に所属する西銘氏を起用することで、政権基盤を固めるねらいもあるものとみられます。

西銘氏は初めての入閣です。