共産 志位委員長「安倍政権の延長上の体制 政権交代目指す」

自民党の新執行部や閣僚の人事について、共産党の志位委員長は「安倍政権の延長上の体制だということがはっきりした」と批判したうえで、政治の転換が必要だとして野党連携による政権交代を目指すため、衆議院選挙に向けて候補者の一本化に向けた協議を進める考えを重ねて示しました。

共産党の志位委員長は東京都内で記者団の取材に応じ、自民党の新執行部や閣僚の人事について「全体として『安倍カラー』が色濃く出ている。結局は、安倍政権の延長上の体制だということが政治の中身の面でも、人事の面でもはっきりした」と批判しました。

そのうえで「必要なのは『自公政治』を終わらせて政権交代することだ。候補者の一本化を進めるための協議をすみやかに行いたい」と述べ、衆議院選挙に向けて立憲民主党などと候補者の一本化に向けた協議を進める考えを重ねて示しました。

一方、4日に召集される臨時国会をめぐって、志位氏は「代表質問だけではなく、一問一答の予算委員会を行い、国政の問題点をはっきりさせたうえで衆議院選挙で国民の審判を仰ぐべきだ」と述べました。