放送事業者の外資規制違反問題 3社で違反確認 行政指導 総務省

衛星放送関連会社「東北新社」などによる外資規制違反問題を受け、総務省がすべての放送事業者などを調査した結果、コミュニティーFMの運営会社など3社で、違反状態が一時的にあったことが確認されました。違反状態は解消されていて、総務省は再発防止を求める行政指導を行いました。

衛星放送関連会社「東北新社」や、フジテレビを傘下におく「フジ・メディア・ホールディングス」による外資規制違反問題を受けて、総務省は、すべての放送事業者などを対象に違反がないかを調査しました。

その結果、宮城県石巻市に本社があるコミュニティーFMの運営会社「石巻コミュニティ放送」、衛星放送事業者の「アニマックスブロードキャスト・ジャパン」と「BS松竹東急」の3社が、過去に、外国人による役員就任の規定に違反した状態が一時的にあったことが確認されました。すでに違反状態は解消されているということで、総務省は3社に対して、再発防止を求める行政指導を行いました。

一方、総務省の職員も審査の対応が不十分で、こうした違反状態に気付くことができていなかったとして、審査にかかわった14人を厳重注意などとしました。

総務省は、再発を防止し、外資規制の実行力を高めるため、審査体制の強化を検討しています。