立民 枝野代表「自民党は変われないことが改めて明確に」

自民党の新執行部について、立憲民主党の枝野代表は、記者会見で、野党各党から派閥の意向が優先されているなどという批判が出ていることを踏まえ「自民党は変われないことが改めて明確になった」などと批判しました。

この中で枝野氏は、自民党の新執行部について、野党各党から安倍前総理大臣ら党内の有力者や、派閥の意向が優先されているという批判が出ていることを踏まえ「人事の状況を見るにつけ『自民党は変わらない、変われない』ということが改めて明確になった」と述べ、批判しました。

また、岸田総裁が、新自由主義的な政策を転換し、成長と分配の好循環により、分配を重視する経済政策を打ち出していることについて「『アベノミクス』は、やっぱり間違いだったという前提に立って、初めて何を変えるのかがはっきりする。それをしないままでは基本は何も変わらない」と指摘しました。

一方、枝野氏は、衆議院選挙に向けて、再生可能エネルギーの比率を、2050年までに100%にすることを目指すなどとした党の新たなエネルギー政策を発表しました。