自民 岸田総裁 党の新執行部発足 幹事長に甘利氏など 正式決定

自民党の岸田総裁は1日午後、党の新しい執行部を発足させ、幹事長に甘利税制調査会長、総務会長に当選3回の福田達夫衆議院議員、政務調査会長に高市前総務大臣を起用することなどが正式に決まりました。

自民党の岸田総裁は1日午後、党の役員人事を行いました。

岸田氏は午後1時から党本部の総裁室で
▽幹事長に甘利税制調査会長
▽総務会長に当選3回の福田達夫衆議院議員
▽政務調査会長に高市前総務大臣
▽選挙対策委員長に遠藤元オリンピック・パラリンピック担当大臣を
起用することを、それぞれ正式に伝えました。

さらに
▽幹事長代行に梶山経済産業大臣
▽組織運動本部長に小渕元経済産業大臣
▽広報本部長に河野規制改革担当大臣が起用され
党四役ら役員の人事は午後1時半から開かれた臨時総務会で了承され、新しい執行部が発足しました。

また
▽国会対策委員長は現職の森山氏が来週4日に召集される臨時国会の会期中はそのまま務め、その後、高木衆議院議院運営委員長が後任として就任することになりました。

臨時総務会で岸田氏は「私たちの国は引き続き国難の中にあり、新型コロナ対策に引き続き強い覚悟で臨んでいかなければならない。また、国民の暮らしや社会をしっかり守り抜くためにも経済対策を進め、さまざまな課題に政治の責任を果たし結果を出していかなければならない」と述べました。

一方、岸田総裁は
▽副総裁に麻生副総理兼財務大臣を充てる方針ですが、麻生氏の起用は後日、報告する見通しです。

自民 石破元幹事長「自民党改革 わかってもらえる人事を」

自民党の石破元幹事長は鳥取市で記者会見し「人事権者である総裁の決定に従うのは当然だが、新しい体制が党員だけでなく国民に深く納得してもらい『新総裁が掲げた自民党改革はこういうことだ』とわかってもらえる人事であってほしい」と指摘しました。

また、総裁選挙で支援した河野規制改革担当大臣が党の広報本部長に起用されたことについて「『降格じゃないか』という批判もあるが、この役職ならやるとかやらないということは言ってはいけない。河野氏はそういう考えはとらないと思う」と述べました。

公明 石井幹事長「バランスの取れた布陣」

公明党の石井幹事長は記者会見で「重厚かつ、バランスの取れた布陣だ。閣僚や党の役職で経験が豊富な人、比較的当選回数が少ない新しい力を登用しており、安定感のある印象を受ける。結束してきたるべき衆議院選挙に準備していきたい」と述べました。

そのうえで幹事長に起用される甘利税制調査会長については「ともに政務調査会長として一緒に仕事をしたことがある。甘利氏は数々の閣僚を歴任するなど、経験や実績が豊富な方だ」と述べました。

立民 安住国対委員長「おんぶにだっこ政権」

立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に「まさに『安倍前総理大臣に、おんぶにだっこ政権』で、これなら安倍氏がおやりになったほうがいい。義理返しはポストでというのも自民党の変わらないルールなので、そういう意味では『This is 自民党政権』であり、残念ながら岸田氏らしさは見せられないまま終わっていて全員野球をみずから否定している」と述べました。

また、臨時国会の会期をめぐり「今月4日から10日間くらいあるので、所信表明演説を早くやれば予算委員会もやろうと思えばできる。安倍氏や麻生氏の意見をよく聞く人のようだから、私の意見も聞いてくれると信じて期待している」と述べました。

共産 田村政策委員長「安倍政治を続けるというメッセージ」

共産党の田村政策委員長は記者会見で「これでどうやって自民党は変わるのかという人事であり、これからも『安倍政治』を続けるというメッセージだ。中でも甘利幹事長の人事はひどすぎる。みずからの政治とカネの問題について、当時『精査したら申し上げる』と言ったまま国会から消えた。説明責任を果たさず『安倍政治』を受け継いだ『岸田新自民党』だ」と述べました。

維新 松井代表「是々非々で対じしていく」

日本維新の会の松井代表は記者会見で「派閥にすごく配慮している。岸田氏の人柄というか、非常に丸くまとまったイメージで波風が立たない感じだ」と述べました。

そのうえで松井代表は「是々非々で対じしていく。これまでも菅総理大臣など人のつながりはあったが、われわれは野党という立場もある。国民のメリットになるところでは協力していきたい」と述べました。

国民 玉木代表「一皮むけば安倍内閣」

国民民主党の玉木代表は訪問先の大津市で記者会見し「『一皮むけば安倍内閣』という印象で、安倍前総理大臣が描いていた岸田氏への禅譲が1年の時を経て実現している。岸田氏の言う新自由主義からの脱却などには共感するが、全く違う考えの高市政務調査会長で本当に実現できるのか疑問だ」と批判しました。

また、甘利幹事長の政治とカネをめぐる問題について「説明責任は十分に果たされておらず国会などで説明すべきだ。岸田総裁は人の声を聞くのが特技とのことだが、安倍・麻生氏、甘利氏の声ではなく国民の声を聞いてもらいたい。甘利氏にどれだけきちんと説明させるのか岸田氏の手腕が問われる」と述べました。

副総裁 麻生太郎氏

自民党の副総裁に起用された麻生太郎氏は、衆議院福岡8区選出の当選13回で、81歳。麻生派の会長を務めています。

祖父は吉田茂元総理大臣、父親は衆議院議員という政治家一家に育ちました。

大学を卒業後、会社経営に携わり、日本青年会議所の会頭などを経て、昭和54年の衆議院選挙で初当選しました。

これまでに外務大臣や総務大臣、幹事長などの要職を歴任し、平成20年9月には第92代の総理大臣に就任しましたが、翌年の衆議院選挙で大敗し、自民党は政権を失いました。

自民党が政権を奪回して平成24年に第2次安倍内閣が発足すると副総理兼財務大臣に就任し、9年近くにわたって務めてきました。

この間、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の推進に中心的な役割を果たし、去年発足した菅内閣でも再任され、財務大臣としての在任期間は戦後最長となっています。

岸田総裁としては、総理大臣経験者で財務大臣を長く務め、党内第2派閥の麻生派を率いる麻生氏を副総裁に起用することで、政権基盤を安定させるとともに、成長と分配の好循環を目指す経済政策など、自身が掲げる政策を党側から推進するねらいがあるものとみられます。

麻生氏は、クレー射撃の日本代表として、昭和51年に開かれたモントリオールオリンピックに出場したほか、「趣味は漫画」と公言しています。

劇画家のさいとう・たかをさんによる寡黙なスナイパーの活躍を描いた「ゴルゴ13」を愛読していることで知られています。

今週、さいとうさんが亡くなった際には「冷戦が終わったあともゴルゴ13はずっと続いている。別のインターナショナルな話題を続けているのは、なかなかなものだ。惜しい人が亡くなった」と述べていました。

幹事長 甘利明氏

自民党の幹事長に起用された甘利明氏は、衆議院神奈川13区選出の当選12回で、72歳。麻生派に所属しています。

昭和58年の衆議院選挙に、当時の新自由クラブから立候補して初当選し、その後、自民党に移りました。

これまでに、経済産業大臣や行政改革担当大臣、党の政務調査会長などを歴任し、第2次安倍政権では、経済再生担当大臣として、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉の取りまとめなどに尽力しました。

おととし9月からは党の税制調査会長として、脱炭素社会の実現やデジタル化の推進に向けた税制上の優遇措置の導入を主導しました。

今回の総裁選挙では、同じ派閥の河野規制改革担当大臣が立候補する中、岸田氏を支持する方針をいち早く打ち出しました。

そして、陣営の幹部を務め、党内の各派閥への働きかけを行うなど、岸田氏の勝利に貢献しました。

岸田氏としては、党内第2派閥の麻生派幹部の甘利氏を幹事長に起用することで、政権基盤を安定させるほか、みずからが目指す党改革の実現につなげるねらいがあるものとみられます。

甘利氏は、健康に気を遣っていてることで知られています。

議員会館のみずからの部屋には懸垂をするための器具を置くなど時間を見つけて運動しています。

このほか、食事を抑えるため、昼食は牛乳だけという日もありますが、もともとは甘いものが大好きで、事務所にあるもなかや水ようかんに手を付けてしまい、体重がなかなか減らないのが悩みの種だということです。

総務会長 福田達夫氏

自民党の総務会長に起用された福田達夫氏は、衆議院群馬4区選出の当選3回で、54歳。細田派に所属しています。

祖父は細田派を創設した福田赳夫 元総理大臣、父親は福田康夫 元総理大臣と、祖父と父親がともに総理大臣を務めた福田氏。

商社での勤務を経て、康夫氏の総理大臣秘書官などを務めました。

康夫氏の引退に伴い、平成24年の衆議院選挙で初当選し、これまでに防衛政務官や党の国会対策副委員長などを歴任しました。

今回の総裁選挙では、衆議院の当選1回から3回の有志の議員でつくるグループ「党風一新の会」で代表世話人を務め、当選回数にこだわらない人材登用など、党改革を進めるよう執行部に求めていました。

岸田総裁としては、当選3回の福田氏を総務会長に抜てきし、党改革を進める姿勢を示すとともに、福田氏が党内最大派閥の細田派に所属していることから、政権運営を安定させるねらいがあるものとみられます。

福田氏は、大物政治家への登竜門ともされる衆議院の「議事進行係」を経験しています。

本会議で「議長~」と長く語尾を伸ばす大きな声で発言を求め、議事日程に関する動議を読み上げるもので、かつては竹下元総理大臣や森元総理大臣も務めました。

また、中小企業政策や農業政策に精通していることでも知られています。

趣味は読書で、気さくな人柄で知られています。

岸田氏と同じく人の話を聞くことを大切にしているということです。

政調会長 高市早苗氏

自民党の政務調査会長に起用された高市早苗氏は、衆議院奈良2区選出の当選8回で、60歳。無派閥です。

平成5年の衆議院選挙に無所属で初当選し、旧新進党などに所属したあと、平成8年に自民党に入党しました。

安倍前総理大臣と保守的な政治信条が近いことで知られ、平成18年の第1次安倍内閣では沖縄・北方担当大臣として初入閣しました。

また、第2次安倍内閣の発足に伴い、政務調査会長に就任し、その後、総務大臣などを歴任しました。

総務大臣の在任期間は1438日で歴代最長です。

そして、今回の総裁選挙に初めて立候補して安倍氏の支援を受けて、岸田総裁と争いましたが、1回目の投票で3位となり敗れました。

決選投票では、岸田陣営と連携し、高市氏を支持した議員の多くが、岸田氏に票を投じたものとみられ、岸田氏の勝利に貢献しました。

岸田総裁としては、みずからと総裁選挙を争った高市氏を政務調査会長に起用することで、党内融和を図るとともに、政権運営の安定を図るために、高市氏を支援した安倍氏の協力を得たいというねらいもあるとみられます。

高市氏は、目標とする政治家にイギリスのサッチャー元首相をあげています。

理由については「国民に不人気な政策でも国家のために必要と思ったら信念を持って取り組む姿勢が好きだ」と話しています。

学生時代にはヘビーメタル・バンドでドラムを担当し、趣味はスキューバダイビングや野球観戦など多岐にわたります。

好きな食べ物はたらこをのせたごはん、コロッケ、そして豚まんということです。

選対委員長 遠藤利明氏

自民党の選挙対策委員長に起用された遠藤利明氏は、衆議院山形1区選出の当選8回で、71歳。谷垣グループに所属しています。

山形県議会議員などを経て、平成5年の衆議院選挙で初当選しました。

教育やスポーツ行政に明るく、第3次安倍内閣で、オリンピック・パラリンピック担当大臣として初入閣し、大臣を退任後、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の副会長を務め、東京大会の開催に尽力しました。

そして、去年の総裁選挙に続いて、今回の総裁選挙でも岸田総裁の陣営の選挙対策本部長を務めました。

岸田氏としては、総裁選挙でのみずからの勝利に貢献し、信頼の厚い遠藤氏を党の選挙対策の責任者である選挙対策委員長に起用することで間近に迫る衆議院選挙に向けて難航している選挙区調整などに当たらせるねらいがあるものとみられます。

大学時代はラグビーに打ち込んだ遠藤氏。

同じくラグビー経験のある森元総理大臣にも近いことで知られています。

また、東京大会の開催に合わせて、ジョギングやマラソンの普及を図るための超党派の議員連盟を発足させるなど、スポーツの振興に熱心に取り組んでいます。

酒どころで知られる地元・山形の日本酒を飲むことが息抜きの遠藤氏。

最近は体重に気を遣い、日本酒を楽しむために昼食は野菜ジュースとスープで過ごす日々です。

国対委員長 高木毅氏

自民党の国会対策委員長に起用された高木毅氏は、衆議院福井2区選出の当選7回で、65歳。細田派に所属しています。

平成12年の衆議院選挙で初当選し、これまでに、国土交通副大臣や復興大臣などを歴任し、現在は、衆議院の議院運営委員長として、大島衆議院議長を支えています。

高木氏は、国会対策に携わった経験が長く、野党にも広い人脈を持っています。

岸田総裁としては、高木氏の国会運営の手腕に期待するとともに、高木氏が最大派閥の細田派に所属していることから、政権基盤を安定させるねらいもあるとみられます。

また、高木氏は、原発が立地している福井県の出身であることから、エネルギー政策に精通していることでも知られています。

明るい性格で声が大きく、新型コロナウイルスの感染拡大前には、派閥の宴席を盛り上げ、派内では「宴会部長」とも呼ばれていました。