北朝鮮のミサイル「国連安保理決議違反」厳重に抗議 官房長官

28日の北朝鮮によるミサイル発射について加藤官房長官は、午後の記者会見で、国連の安保理決議に違反する弾道ミサイル技術を使用したものと判断したとして、北朝鮮に対し厳重に抗議し、強く非難したことを明らかにしました。

この中で、加藤官房長官は、28日の北朝鮮によるミサイル発射について「詳細はさらに分析する必要があるが、情報を総合的に勘案すると、関連する国連安保理決議に違反する弾道ミサイル技術を使用したものと判断され、極めて遺憾だ」と述べました。

そのうえで、北京の大使館ルートを通じて、北朝鮮に対し厳重に抗議し、強く非難したことを明らかにしました。

そして「北朝鮮の軍事動向について、引き続き、アメリカなどとも緊密に連携しながら、必要な情報の収集分析と警戒監視に全力を挙げ、わが国の平和と安全の確保に万全を期していく」と述べました。