自民 岸田新総裁 会長務める派閥の会合で新政権への協力求める

自民党の岸田新総裁は30日午後、みずからが会長を務める派閥の会合に出席し「国難を乗り越えるべく、力を合わせて努力していきたい」と述べ、新政権の発足に向け協力を求めました。

この中で岸田新総裁は、みずからが会長を務める派閥「宏池会」の所属議員として、宮沢元総理大臣以来30年ぶりに総理大臣に就任する運びとなっていることに触れ「歴史の重みを感じると同時に、30年ぶりに総裁派閥となる責任の大きさを、いま一度かみしめなければならない」と述べました。

そして「自民党の新総裁として、まずは体制を整えなければならない。このあと国会があり、その先には衆議院選挙があり、補正予算や来年度予算案の議論があり、そして来年は参議院選挙がある。まさにいま、日本や自民党にとって正念場を迎えているという強い危機感を感じている」と述べました。

そのうえで「やらなければならないことが本当にたくさんあり、国難を乗り越えるべく力を合わせて努力していきたい」と述べ、新政権の発足に向け、協力を求めました。

各派閥 会合で発言相次ぐ “新政権支え 衆院選に”

岸田新総裁の選出を受けて、自民党の各派閥の会合では、新政権を結束して支え、衆議院選挙に臨む必要があるという発言が相次ぎました。

このうち、今回の自民党総裁選挙で岸田新総裁を支持する候補者の1人としていた、最大派閥の細田派で会長を務める細田 元幹事長は「岸田氏の総理大臣としての活動を支持し、少しでも、政府内や党の立場から支え、きたるべき衆議院選挙になんとしても勝たなければならない」と述べました。

麻生派の会長を務める麻生副総理兼財務大臣は「岸田政権をど真ん中で支えると同時に、衆議院選挙に一致団結して臨んで勝ち上がり、派閥の皆がもう一回、楽しくやれるようにしたい」と述べました。

会合には、麻生派に所属し、総裁選挙で敗れた河野規制改革担当大臣も出席し、派閥の所属議員に謝意を伝えました。

二階派の会長代行を務める河村 元官房長官は「岸田新総裁は『ノーサイド』と言っているので、挙党体制でやってくれるだろう。われわれも一致結束して衆議院選挙を頑張ろう」と述べました。