石崎徹衆院議員が議員辞職 次の衆院選で維新から立候補へ

衆議院比例代表・北陸信越ブロックの選出で、無所属の石崎徹議員が提出した議員辞職願が28日許可され、石崎氏は議員辞職しました。

無所属の石崎徹衆議院議員は、前回の衆議院選挙で自民党の比例代表で当選しましたが、秘書だった男性を殴ったなどとして、去年10月、暴行の罪で略式起訴されたことを受けて自民党を離党しました。

そして、石崎氏は先週、次の衆議院選挙で新潟1区に日本維新の会から立候補するため、けじめをつけたいとして、大島衆議院議長宛てに議員辞職願を提出しました。

辞職願は28日許可され、石崎氏は議員辞職しました。

これに伴って、衆議院比例代表・北陸信越ブロックの自民党の名簿から、落選した候補者が繰り上げ当選する見通しです。