フェイスブック 子ども専用のインスタ 開発を中断

アメリカのIT大手フェイスブックは、写真や動画の投稿アプリ、インスタグラムについて、13歳未満でも親の許可を得たうえで使用できる子ども版の開発を中断すると発表しました。

これは、フェイスブックが27日、自社のホームページで明らかにしました。

フェイスブックは現在、13歳未満の子どもがインスタグラムを使うことを禁止していますが、年齢を偽って使用するケースがあとを絶たないとしています。

このため、代替策として13歳未満の子ども向けに、親の許可を必要とし、広告を表示しない子ども専用のアプリ「インスタグラム・キッズ」の開発を進めていました。

これについてアメリカの有力紙、ウォール・ストリート・ジャーナルは9月中旬、フェイスブックがみずから実施した調査で、インスタグラムが子どもの心に悪影響を及ぼすという結果がまとまっていたと報じました。

これを受けて、悪影響がわかっていながら子ども向けのアプリを開発しているとして批判が高まりました。

このため、フェイスブックは「子ども専用のアプリの開発は正しいことだと認識しているが、保護者や専門家などの理解を得るのが先だ」として、今回、開発を中断することにしたということです。

フェイスブックは一連の経緯について、9月30日にアメリカ議会で証言することになっています。