京野菜「えびいも」の収穫始まる 京都 京田辺

曲がった形としま模様がえびに似ていることから「えびいも」と呼ばれる京野菜のいもの収穫が、京都府京田辺市で始まりました。

京野菜のえびいもは、えびのような曲がった形をして皮にしま模様があるサトイモの一種で、粘りけがあってうまみが強く正月料理の食材などに使われます。

京都府南部で盛んに栽培されていて、京田辺市の奥西貞幸さんの広さ8アールの畑では、来月1日の初競りを前に27日から収穫が始まりました。

奥西さんは、1メートル50センチほどに育った芋の茎を鎌で切り取ったあと、専用の道具を使ってえびいもを掘り起こし、1つずつ土を払って丁寧に収穫していました。

ことしは夏の日照時間が少なく長雨が続いた影響でえびいもの成長が遅れているものの、例年どおり味はよいということです。

奥西さんは「少し小ぶりですがこれから正月に向けてもう少し成長してくれないかと期待しています。粘りけがあってなめらかな食感のえびいもを味わってもらいたい」と話していました。

えびいもの収穫は年末まで続きます。