山陽新幹線 運転士らからのアルコール検出は消毒液を誤検知か

27日朝、山口県のJR新岩国駅で山陽新幹線に乗務する予定だった運転士と車掌からアルコールが検出されたとして、一部の区間が運休となりました。これについてJR西日本は27日夜、飲酒が原因ではなく消毒用のアルコールを誤って検知した可能性が高いと発表しました。

JR西日本によりますと、27日朝早く、山口県の新岩国駅を出発し新大阪駅に向かう新幹線に乗務する予定だった運転士と車掌に事前のアルコール検査を行ったところ、基準を超えるアルコールが検出されました。

会社は、代わりの乗務員を手配しましたが間に合わず、新岩国駅から広島駅までの区間が運休となるなど運行に影響が出ました。

ところが、運転士と車掌が「飲酒はしていない」と説明したため、会社が確認作業をしたところ、アルコール検知器の近くにあったかばんの中で、消毒用のアルコールが漏れ出していたことがわかったということです。

また、2人に別の場所で改めて検査するとアルコールは検出されなかったということです。

このため飲酒が原因ではなく、漏れ出た消毒用のアルコールを誤って検知した可能性が高いと判断したということです。
27日夜、記者会見したJR西日本新幹線鉄道事業本部の鶴原修課長は、「消毒用アルコールの保管場所を見直したい。ご利用のお客様にご迷惑をおかけして、おわび申し上げます」と陳謝しました。