菅首相 五輪スケートボード金獲得 堀米選手の活躍たたえる

菅総理大臣は、東京オリンピックの新競技、スケートボードの男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗選手とオンラインで面会し、活躍をたたえた上で、若い世代が主役の競技を後押しできたとして、大会の意義を強調しました。

この中で、菅総理大臣は「心からお祝い申し上げる。堀米選手をはじめ、みなさんの活躍で、スケートボードは多くの人にとって一挙にメジャーなスポーツになったと思う」と述べ、活躍をたたえました。

その上で「13歳の金メダリストも誕生し、若い世代が主役の新しいスポーツを後押しできた。そういう意味で、オリンピックを開催できて本当に良かった」と述べ、大会の意義を強調しました。

これに対し、堀米選手は「オリンピックに、本当に自分が出られるかわからなかったが、いざ出られるとなり、地元の東京で開催というのは、自分の中でもすごくびっくりした。スケートボードの楽しさや良さをみんなに伝えられてうれしい」と喜びを表していました。