SNS投稿でがんの最新研究に寄付金 NPOの取り組みに賛同広がる

がん治療の最新の研究に役立てようと、特定のブランドや商品の名前の一部を消してSNSに投稿すると、研究に寄付金が送られるというNPOの取り組みに、これまでに1万2000件を超える投稿がSNSに寄せられ、支援の輪が広がっています。取り組みは今月30日までで、NPOでは多くの参加を呼びかけています。

NPO法人「delete C」の呼びかけで今月4日から始まったこの取り組みは、賛同する企業や団体のブランドや商品の名前から、英語で「がん」の頭文字に当たる「C」の文字を消してSNSに投稿すると、1回の投稿につき100円の寄付金が、がん治療の優れた研究に送られる仕組みです。

また、賛同する企業や団体のSNSの投稿に「いいね」などをした場合は、1回につき10円の寄付金が送られます。

ツイッターやインスタグラムには、取り組みに賛同する人たちがジュースやノートなどの商品の名前から「C」の文字を消した画像を「#deleteC大作戦」のハッシュタグとともに投稿しており、開始から10日間で、去年の取り組みを超える1万2000件以上の投稿と、54万件の「いいね」などが寄せられているということです。

この取り組みは今月30日までで、NPOでは引き続き多くの人に参加してほしいと呼びかけています。