東京六大学野球 東大が今季初勝利 立教大を逆転 秋のリーグ戦

東京六大学野球、秋のリーグ戦で東大が立教大に7対4で勝って、このリーグ戦初勝利をあげました。

東大は26日、神宮球場で行われた秋のリーグ戦で立教大との2回戦に臨みました。

東大は2対4の7回に3番でキャプテンの大音周平選手がタイムリーツーベースを打って1点差としました。

さらにランナー二塁三塁で4番の井上慶秀選手が2点タイムリーツーベースを打って逆転し、9回にも2点を加えました。

投げては4人のピッチャーの継投で7回から立教大に得点を許さず、7対4で勝ちました。

このリーグ戦4試合目で初勝利をあげた東大はことし春のリーグ戦では法政大に勝って連敗を64で止めていて、春と秋のリーグ戦で続けて白星をあげました。

立教大からの勝利は平成28年の秋のリーグ戦以来、5年ぶりとなります。

東大の井手峻監督は25日の試合で終盤に逆転されて6対15で立教大に負けたことを踏まえて「なんとかきのうのリベンジができた。1つ勝ったら次とまた勝ちをねらう」と話していました。

また逆転のタイムリーを打った井上選手は「きのうのよくない試合からあまり切り替えられなかったが、応援してくれた人たちの力のおかげでなんとか1本打てた」と振り返りました。