御嶽山噴火の犠牲者63人を悼む 7年を前に岐阜 下呂で慰霊式

死者・行方不明者63人を出した御嶽山の噴火から27日で7年となるのを前に、岐阜県側の登山口がある下呂市で26日、犠牲者を悼む慰霊式が行われました。

平成26年9月27日に起きた、岐阜県と長野県の県境にある御嶽山の噴火は58人が死亡、5人が行方不明となり、「戦後最悪の火山災害」となりました。

噴火から27日で7年となるのを前に、岐阜県側にある下呂市小坂町の登山口から1キロ余り離れた施設で慰霊式が行われ、山内登市長や地元の警察官など合わせて8人が出席しました。

慰霊式では噴火が起きた時刻の午前11時52分に黙とうをささげたあと、献花台に花を供えて、犠牲者を悼んでいました。

下呂市では御嶽山の噴火を受けて、山小屋の屋根を噴石に耐えられるように強化したほか、山の中腹にはいざという時の避難場所としてコンテナを設置するなどの対策をとっています。

式のあと山内市長は「コロナ禍だが、この災害は忘れてはいけないと思い、慰霊式を開催した。山小屋の整備は進んだので、これからは登山道の整備を進め、観光客や市民が安心して登れるようにしていきたい」と話していました。

遺族ら 特別な許可受け規制区域内で慰霊 長野 大滝村

噴火から27日で7年となるのを前に、遺族や行方不明者の家族が今も立ち入り規制が続く山頂付近の登山道にふもとの王滝村から特別な許可を受けて入り、噴火後初めて慰霊しました。
遺族や行方不明者の家族は村の職員などの付き添いのもとで登山道に入り、献花台に花などを供えて噴火した午前11時52分に合わせて黙とうをささげました。

息子とその婚約者を亡くした愛知県一宮市の所清和さんは、「中に入ると景色が全然違い息子たちが写真を撮った場所を確認することができました。7年たっても思いは変わらず、可能な限り山に登り続けたいです」と話していました。

義理の弟を亡くし遺族らによる会の代表を務めるシャーロック英子さんは、「7年たってようやく慰霊することができ、やっとここまで来られたという思いです。安全第一の登山道にしてほしいです」と話していました。