アメリカ モンタナ州 長距離列車が脱線 3人死亡 けが50人超か

アメリカ西部モンタナ州で、日本時間の26日朝、およそ160人が乗った長距離列車が脱線する事故があり、3人の死亡が確認され、多数のけが人が出ているということです。

アメリカ西部モンタナ州のジョプリン付近で、25日午後4時ごろ、日本時間の26日午前7時ごろ、アムトラック=全米鉄道旅客公社が運行する列車が脱線しました。

列車は中西部シカゴから西海岸のシアトルなどに向かう長距離列車で、乗客乗員合わせておよそ160人が乗っていたということです。

アムトラックによりますと、この事故で3人の死亡が当局によって確認され、乗客や乗員に多数のけが人が出ているということで、有力紙ニューヨーク・タイムズはけが人の数は50人以上にのぼると報じています。

列車は、8つの車両が脱線したということで、現場で撮影された映像では、2階建ての車両が線路から外れ、一部が横転しています。

また、線路の脇では、車両から逃れた乗客とみられる人たちの姿も確認できます。

現場では、地元の当局が救助活動を行うとともに事故の詳しい状況や原因を調べています。