昭和天皇『拝謁記』12月から公刊へ 初代宮内庁長官が書き残す

昭和天皇の実像に迫る第一級の資料を、手に取って読めるようになります。
初代宮内庁長官が戦後占領期などの5年近くにわたる昭和天皇との対話を詳細に書き残した『拝謁記』が、今年12月から順次公刊されることがわかりました。

『拝謁記』は、戦後の日本国憲法のもとで昭和23年から5年半にわたり宮内庁やその前身の宮内府のトップを務めた田島道治が、手帳やノートあわせて18冊に在任中の600回余りの昭和天皇との対話を詳細に書き留めたもので、長年極秘に保管されたあと、おととし夏に内容が明らかにされ、大きな反響を呼びました。

『拝謁記』によって、昭和天皇が
▽敗戦後の退位を巡る問題が決着したとされる東京裁判の後にも、退位の可能性に言及していたことや、
▽独立回復後の安全保障が現実的な課題となる中で、戦前のような軍隊を否定しつつも、再軍備やそれに伴う憲法改正の必要性に繰り返し言及していたことが初めて明らかになりました。

また、
▽戦後も君主としての意識を払拭(ふっしょく)できず田島長官にいさめられながら象徴天皇像を模索する姿や、
▽戦争への後悔を繰り返し語り、日本の独立回復を祝う式典で国民に深い悔恨と反省の気持ちを表明したいと強く希望したものの、政府の反対で実現しなかった経緯などが克明に記されています。

『拝謁記』は、昭和史研究の第一級の資料として専門家による研究が進められていて、今年12月から5回に分けて東京の岩波書店から公刊されることになりました。

個人のプライバシーや名誉を著しく害するおそれがある部分を除くほぼ全文を掲載し、一般の人でも当時の状況や背景を理解できるよう専門家の解説や注記などがつけられるということです。

さらに、長官在任中の日記など『拝謁記』の理解に欠かせない関連資料も2回に分けて公刊され、あわせて7巻となる予定です。

専門家「歴史を考える非常に大きな手がかりに」

『拝謁記』の編集委員の1人で、近現代史が専門の日本大学の古川隆久教授は、「象徴天皇の振る舞いや過去の歴史に対する政府の認識の原点のような事柄が生々しく記録され、今の日本のあり方を考えたり、戦前から戦後の日本の歴史を考える上で非常に大きな手がかりになってくる資料なので、国内外で広く読まれることで考え議論していくきっかけになるだろう」と話しています。

さらに、「皇室の内部での戦後の昭和天皇の発言が、これだけ生々しく大量に出るのはこの資料が初めてで、原文を実際に読んでもらうのが一番面白いと思う」としたうえで、「この記録の昭和天皇の発言の半分くらいは太平洋戦争の開戦に至る経緯などの話なので、太平洋戦争について考えを深めるうえでも大きな手がかりの1つになることは間違いなく、こうした資料が開戦80年の節目に公刊されることは意義深いことだ」と話しています。

『拝謁記』の原本 公的機関で公開へ

『拝謁記』の原本は、田島道治が残した他の資料とともに公的機関に移され、いずれ公開される見通しです。

NHKは、「NHK NEWS WEB」に『拝謁記』に関する特設サイトを設けて、主なテーマごとに『拝謁記』の記述や分析にあたった専門家のコメントなどを掲載しています。