北朝鮮 キム・ヨジョン氏 条件付きで南北首脳会談の可能性言及

北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)氏が談話を発表し、韓国との関係について「互いへの尊重の姿勢が維持される時に、はじめて南北首脳会談のような関係改善の問題も論議できる」として、前提条件を付けながら首脳会談を行う可能性に言及しました。

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記の妹のヨジョン氏は25日夜、国営の朝鮮中央通信を通じて談話を発表しました。

この中で、「朝鮮半島での軍事的脅威に対応するためのわれわれの自衛的な行動を挑発だと罵倒し、自分たちの軍備増強はわれわれに対する抑止力だと美化している」と主張し、韓国とアメリカに対する不満をあらわにしました。

その一方で、韓国との関係について「公正性と互いへの尊重の姿勢が維持される時に、はじめて円滑な意思疎通が行われ、南北首脳会談のような関係改善の問題も、建設的な論議を経て早期に解決できる」として、前提条件を付けながら朝鮮戦争の終戦宣言や韓国と首脳会談を行う可能性に言及しました。

さらに、去年6月に爆破した、北朝鮮南西部のケソン(開城)にあった南北融和の象徴ともされた共同連絡事務所を再び設置する可能性にも触れています。

ヨジョン氏は24日も、談話を発表していて、連日、関係改善に向けた意欲をちらつかせることで韓国を揺さぶり、譲歩を引き出すねらいがあるものとみられます。