ファーウェイ副会長 司法取引で中国へ出国 カナダ人2人も釈放

アメリカ司法省は、カナダで逮捕されアメリカに詐欺の罪で起訴された中国の大手通信機器メーカー、ファーウェイの孟晩舟副会長との間で司法取引に合意したと発表し、孟副会長は中国に向けて出国しました。

この直後、カナダは中国で実刑判決を受けたカナダ人2人が中国を出国したことを明らかにし、カナダも巻き込んだ米中間の問題の1つが解決に向かうことになりました。

ファーウェイの孟晩舟副会長は、アメリカが経済制裁を科しているイランと取り引きしたなどとして、2018年12月アメリカの要請によってカナダで逮捕されたあと、詐欺などの罪で起訴され、カナダの裁判所が孟副会長の身柄をアメリカに引き渡すかどうかを審理してきました。

こうした中、アメリカ司法省は24日、孟副会長がイランとの取り引きについて、金融機関に誤解を招く説明をしたと認めることなどを条件に、起訴を猶予する司法取引で合意したとし、カナダへの身柄の引き渡し要請を取り下げたと発表しました。

これを受けてカナダの裁判所は審理を打ち切り、バンクーバーにある自宅で監視下に置かれていた孟副会長は24日、中国に向けて出国しました。

この直後、カナダのトルドー首相は会見を開き、中国で実刑判決を受けたカナダ人のマイケル・スパバ氏ら2人が釈放され、25日に帰国することを明らかにしました。

2人は孟副会長が逮捕されたあとに中国で拘束されたことから、中国側による報復と受け止められてきました。

中国国営の新華社通信は「中国政府の不断の努力によって孟副会長が祖国に戻る」と伝えていて、米中間で何らかの交渉が行われた可能性をうかがわせています。

カナダも巻き込んだ米中間の問題の1つが解決に向かうことになりますが、バイデン政権は、ファーウェイを安全保障上の脅威と見なし、規制を強化していて、ファーウェイをめぐる米中の対立は今後も続くことになります。

ファーウェイ副会長 カナダ出国の様子

国営の中国中央テレビの電子版は、ファーウェイの孟晩舟副会長がカナダを出国する直前の空港での様子を動画で伝えました。

孟副会長は中国大使館の関係者などとともに搭乗口に向かい、関係者とみられる女性と涙を浮かべながら抱き合い、女性に「泣かないで」などと中国語で話す様子が映されています。

このあと、孟副会長が機内で中国のSNSを使って友人向けに送った文章の内容をファーウェイの関係者が明らかにしました。

このなかで、孟副会長はカナダで過ごした3年間について「日夜さまよった日々は、どんなことばでも言いあらわしがたい。帰り道がどこにあるかもわからなかった」と心境をつづっています。

そして「親愛なる祖国、党、政府に感謝している。中国のきらびやかな赤い色が私の心中の信念の火を燃やし、私の人生の暗い時間を照らし、家路へと導いてくれた」として、中国政府の働きかけで帰国が実現したことをにじませて繰り返し謝意を示しました。

また、ファーウェイも25日に声明を発表し「孟副会長が無事に家に帰って家族と再会するのを楽しみにしている」としたうえで、法人としてのファーウェイをめぐる裁判について「引き続きみずからの権利を守っていく」としています。

中国外務省の趙立堅報道官は25日、中国版ツイッターのウェイボーに「帰国を歓迎する」と投稿しています。

北京大学教授「米中間の懸案1つ減ったが緊張した状態続く」

ファーウェイの孟晩舟副会長が、アメリカ司法省と司法取引で合意し、中国に帰国することについて、米中関係に詳しい北京大学の賈慶国教授は、NHKの取材に対し、「中国とアメリカとの関係にとって、間違いなく、よいニュースで、少なくとも、両国間の懸案は1つ減った。ただ、両国は多くの問題を抱えており孟副会長が帰国できたからといって、他の問題が改善するわけではない。両国関係はしばらく緊張した状態が続くだろう」と述べ、問題の1つが解決に向かっても米中間の対立がすぐに解消するわけではないという見方を示しました。