立民 枝野代表 “新内閣は逃げずに国会審議を”

政府・与党の新型コロナウイルス対応をめぐって、立憲民主党の枝野代表はこれまで国会も開かずに議論から逃げてきたと重ねて批判し、新内閣は来月召集される臨時国会では予算委員会などを開き、逃げずに審議に応じるべきだという認識を示しました。

立憲民主党の枝野代表は25日、訪問先の長崎県大村市で記者団の取材に応じました。

この中で、枝野氏はこれまでの政府・与党の新型コロナ対応をめぐり「感染症対策などの喫緊の課題があるにもかかわらず、とにかく国会も開かずに議論から逃げてきた。記者会見なども不十分で『説明しない政治』を強く見せつけられてきた」と批判しました。

そのうえで「新内閣は衆議院選挙を控えた『選挙管理内閣』とはいえ、国会での議論を逃げずにやっていただきたいということに尽きる」と述べ、新内閣は、来月4日に召集される臨時国会では予算委員会などを開き、逃げずに審議に応じるべきだという認識を示しました。