新潟 三条 12~15歳のワクチン集団接種始まる

若い世代のワクチン接種を進めようと、新潟県三条市では25日から12歳から15歳のワクチンの集団接種を始めました。

三条市は新潟県の中央部に位置する人口およそ9万人のまちです。

市内の結婚式場を会場に行われた今回の集団接種は市内に住む12歳から15歳が対象で、2028人が接種を予定していて初日の25日はおよそ900人が接種を受けました。

三条市では今月22日の時点で64歳以下の市民のおよそ75%がワクチンの接種を終えていますが、今回の集団接種で若い世代の接種率をさらに上げたいとしています。

接種を終えた15歳の中学校の男子生徒は「ワクチンを接種すれば感染しても重症化することが少ないと聞いているので、接種を受けることができてよかったと思います。これからは学校などでも安心して過ごすことができます」と話していました。

新潟県三条市では来月以降、12歳から15歳の個別接種も進めることにしています。

三条市健康づくり課の石塚衛課長は「世代にかかわらず希望する方々がスムーズに接種できるよう、態勢づくりを進めていきたい」と話していました。