この冬の長期予報「早い段階から強い寒気入る可能性」気象庁

このところ、東北から沖縄にかけての各地で30度前後の厳しい暑さが続いていますが、気象庁のこの冬の長期予報では、冬型の気圧配置がやや強く、寒気も流れ込みやすい見込みで、西日本などでは気温が「平年並みか低い」と予想されています。西日本の日本海側では、降雪量も「平年並みか多い」見通しで、気象庁は「この冬は早い段階から強い寒気が入る可能性がある」としています。

気象庁が24日に発表した、ことし12月から来年2月にかけての冬の長期予報では、上空の偏西風が日本付近で平年よりも南を流れる影響で、西日本を中心に寒気が流れ込みやすいとみられています。

そのため冬の平均気温は、
▽西日本と沖縄、奄美で「平年並みか低い」と予想されており、
▽東日本と北日本では「ほぼ平年並み」とみられています。

また、冬型の気圧配置も、西日本を中心にやや強くなる見通しで、降雪量は、
▽西日本の日本海側は「平年並みか多い」と予想されているほか、
▽東日本と北日本の日本海側では「ほぼ平年並み」とみられています。

一方、東日本と北日本の日本海側でも一時的に低気圧や寒気の影響を受け、大雪になるおそれがあるということです。

「雪への備えは早めに」

気象庁異常気象情報センターの竹川元章所長は「この冬は、早い段階から強い寒気が入る可能性があり、場合によっては、昨シーズンのように立往生などが起きてもおかしくない状況も想定される。チェーンの装着といった雪への備えは早めに進めてほしい」と呼びかけていました。