NYダウ平均株価 500ドル超の値上がり

23日のニューヨーク株式市場は中国の不動産大手の経営難に対する警戒感が和らいだことなどからダウ平均株価は500ドルを超える大幅な値上がりとなりました。

23日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価の終値は前日に比べて506ドル50セント高い3万4764ドル82セントでした。

このところ、中国の不動産大手「恒大グループ」の経営悪化が値下がりの要因になってきましたが、会社が社債の利払いの一部を実施すると発表したことで、世界経済や金融市場に影響が波及することへの警戒感が和らぎました。

また、前日に発表されたアメリカのFRB=連邦準備制度理事会の金融政策が想定通りだったことによる安心感がさらに広がったことも株価を押し上げる結果となりました。

市場関係者は「恒大グループへの警戒がなくなったわけではないが、不安要素がいったん後退し、今週前半に大きく値下がりした銘柄を買い戻す動きが続いている」と話しています。