EU スマホの充電器端子「USBタイプC」に規格統一へ

EU=ヨーロッパ連合は域内で販売されるスマートフォンなどの充電器の端子について廃棄物を減らすため「USBタイプC」と呼ばれる規格に統一する方針を発表しました。

EUの執行機関、ヨーロッパ委員会は23日、域内で販売されるスマートフォンやタブレット、デジタルカメラ、それにヘッドホンといった電子機器に差し込む充電器の端子の規格を「USBタイプC」に統一することを盛り込んだ法案を発表しました。

統一することで電子機器のメーカーにかかわりなく同じ充電器が使えるようになるとしています。

また、消費者は電子機器を購入するときに充電器を一緒に買わない選択もできるようになるということです。

EUは規格の統一によって年間2億5000万ユーロ、日本円で320億円余りを節約でき、年間およそ1000トンの廃棄物の削減につながるとしています。

法案が成立すれば業界が対応できるよう2年間の移行期間が設けられます。

ただ、アメリカのアップルはスマートフォンのiPhoneなどで異なる規格を採用していることから商品戦略の変更を迫られる可能性があり、「1種類のみを義務づける厳格な規制は、技術革新を抑制し、ヨーロッパや世界中の消費者に害を及ぼす」として反発しています。