“気候変動で紛争や難民が増えている”国連安保理で危機感共有

国連の安全保障理事会では、気候変動が世界の安全保障に及ぼす影響について話し合う首脳や外相による会合が開かれ、各国からは気候変動によって紛争や難民が増えているという危機感が示され、安保理としても行動を起こすべきだという声が相次ぎました。

国連総会で首脳演説が行われているのに合わせて、23日、安保理では、各国の首脳や外相が参加して気候変動が世界の安全保障に及ぼす影響について話し合う会合が、開かれました。

冒頭グテーレス事務総長が、気候変動によって水資源や豊かな土地が減ればそれをめぐる争いがおきるのを防げなくなると指摘し「世界の平和と安全を維持するために、より大胆な気候変動対策をとる必要がある」と訴えました。
このあと各国の代表が発言し、アメリカのブリンケン国務長官は「安保理はこの問題についていかに権限を行使するかを協議すべきだ」と述べ、もはや気候変動と安全保障を切り離すことはできず、安保理として行動を起こすべきだと呼びかけました。

また、ケニアのオマモ外相は、アフリカの紛争地などでは気候変動によってより深刻な状況に陥っていると指摘し「各地に展開されている国連の平和維持活動は気候変動の影響にも対応すべきだ」と訴えました。

安保理議長国のアイルランドは、近く気候変動対策への安保理としての取り組みを盛り込んだ決議の採択を、目指す方針です。