日韓外相会談 北朝鮮非核化で連携確認「徴用」議論は進展なし

茂木外務大臣は訪問先のニューヨークで韓国のチョン・ウィヨン外相と会談し、先に弾道ミサイルを発射した北朝鮮への対応で緊密に連携していくことを確認しました。一方、慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で議論の進展はみられませんでした。

国連総会にあわせてニューヨークを訪問している茂木外務大臣は、日本時間の23日夜遅く、韓国のチョン・ウィヨン外相とおよそ50分間会談しました。

会談では北朝鮮情勢をめぐって意見が交わされ、茂木大臣は「先般の弾道ミサイル発射を含め、北朝鮮による最近の核・ミサイル活動は、日本、地域、国際社会の平和と安全を脅かすものだ」と指摘しました。

そのうえで、北朝鮮の完全な非核化に向けて、日韓、そして日米韓3か国の連携をいっそう進めていきたいと呼びかけ、両外相は、北朝鮮への対応で引き続き緊密に連携していくことを確認しました。

また会談では、慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題についても議論が行われ、茂木大臣は、懸案の解決に向け、韓国側の責任で適切に対応するよう重ねて求めましたが、チョン外相は従来の主張を述べるにとどまり、議論の進展はみられませんでした。

一方、チョン外相は日韓の間の人的交流をめぐり「新型コロナウイルスの感染が収束したら、交流を活性化する必要がある」と述べました。

そして両外相は、日韓関係を健全な関係に戻し、幅広い分野で協力できるよう、外交当局間の協議や意思疎通を加速していくことで一致しました。

韓国外務省「解決に向け共に努力を」

韓国外務省の発表によりますと、日韓外相会談では北朝鮮への対応を巡って意見が交わされ、チョン・ウィヨン外相が非核化と恒久的な平和定着のために、南北の協力や対話が重要だと強調しました。

両外相は日韓両国や日米韓3か国で協力を継続していくことを確認したということです。

また、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題や慰安婦問題などをめぐっても議論が行われ、チョン外相が韓国側の立場を説明したうえで解決策を見いだすために共に努力する必要性を強調し、外交当局間の協議の加速化を呼びかけたとしています。

一方で、韓国向けの輸出管理を厳しくした日本の措置について、チョン外相は、早期に撤回するよう求めたということです。