台風15号発生 日本への直接の影響はなし 付近通る船舶は警戒を

23日午後、南シナ海の海上で、台風15号が発生しました。日本への直接の影響はありませんが、気象庁は、付近を通る船舶に警戒を呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、23日午後3時、南シナ海の海上で、熱帯低気圧が台風15号に変わりました。

中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心から北側300キロ以内と南側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風15号は北西へ進んでいて日本への直接の影響はありませんが、気象庁は、付近を通る船舶に警戒するよう呼びかけています。

一方、日本のはるか南の熱帯低気圧が、24日にかけて台風に発達し、北上すると予想されています。

進路の予報には大きな幅がありますが、来週の後半以降、日本に近づく可能性もあり、気象庁は今後の情報に注意するよう呼びかけています。