日米外相会談 自由で開かれたインド太平洋へ 協力で一致

ニューヨークを訪問中の茂木外務大臣はアメリカのブリンケン国務長官と会談し、アメリカとイギリス、オーストラリアによる新たな安全保障の枠組みが設けられたことを踏まえ、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け、さまざまな枠組みを通じて同盟国や同志国の協力を深めていく方針で一致しました。

国連総会にあわせてニューヨークを訪問している茂木外務大臣は、日本時間の23日朝早く、アメリカのブリンケン国務長官と会談しました。

この中で両外相は、先週、アメリカとイギリス、オーストラリアの3か国が「AUKUS」と呼ばれるインド太平洋地域の安全保障の枠組みを新たに設けたことをめぐって意見を交わしました。

そのうえで、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け「AUKUS」や、日米とオーストラリア、インドの4か国による「クアッド」など、さまざまな枠組みを通じて同盟国や同志国の協力を深めていく方針で一致しました。

また、中国と台湾が加入を申請したTPP=環太平洋パートナーシップ協定をめぐって、インド太平洋地域の国際秩序を維持する観点から議論を行い、茂木大臣はブリンケン国務長官に対し、TPPへのアメリカの復帰を促しました。

このあと茂木大臣は、日米韓3か国の外相会談に臨み、北朝鮮情勢をめぐり「先の弾道ミサイルの発射を含め北朝鮮による最近の核・ミサイル活動は、日本、地域、国際社会の平和と安全を脅かすものだ」と指摘しました。

そのうえで3か国の外相は、北朝鮮の完全な非核化に向けて、外交的な取り組みの強化や、国連安保理決議の完全な履行、地域の抑止力の強化が重要だという認識で一致し、日米韓の連携を一層深めていくことを確認しました。