米大統領 英・豪首脳と会談 “インド太平洋地域での連携強化”

アメリカのバイデン大統領は、今月新たに設けた「AUKUS」と呼ばれる安全保障の枠組みの相手国であるイギリスとオーストラリアの首脳と個別に会談し、インド太平洋地域での連携を強化していくことを確認しました。

アメリカとイギリス、オーストラリアの3か国は今月、中国を念頭に「AUKUS」と呼ばれるインド太平洋地域の新たな安全保障の枠組みを設け、オーストラリアにとって初めてとなる原子力潜水艦の配備を支援する考えを示しています。

こうした中、アメリカのバイデン大統領は21日、イギリスのジョンソン首相、オーストラリアのモリソン首相と個別に会談しました。

ホワイトハウスは声明を出し、両首脳との会談で、民主主義と人権を守ることや、国際秩序に対する脅威に対抗していくことなど、インド太平洋地域での連携を強化していくことを確認したとしています。

また、イギリス政府は声明で「新たな枠組みであるAUKUSが世界の平和と安定の促進において重要な役割を果たすことを明確にした」としています。

一方、オーストラリアと共同で潜水艦の開発計画を進めてきたフランスが同盟関係を軽視しているとして反発する中、ホワイトハウスは声明で「ヨーロッパの同盟国や友好国がインド太平洋地域で果たす極めて重要な役割についても議論した」と強調し、一定の配慮もにじませています。